マウスピースを装着する

マウスピースを装着していても、付け方が間違っていると変な方向に歯が曲がってしまいます。 そうならないように、定期的に医師にチェックしてもらってください。 二か月に一回で良いので、仕事で忙しい人も歯医者に通えます。 それを守ることが、歯並びを改善するコツです。

どうしても食べにくい時

マウスピースを装着したまま食事ができない時だけ、外しても構いません。 ただ自分の判断で行わないで、必ず医師に聞いて許可を得てください。 また矯正中は、食べ物の固さにも気を付けてください。 矯正中は、固すぎる食べ物は避けましょう。 うまく矯正できなくなってしまいます。

気づかれないように矯正したい

誰にも知られず、コッソリと歯を矯正したいと考えている人がいると思います。そのような人は、透明のマウスピースを使える歯医者に行ってください。 これまで一般的に使われてきた銀色のマウスピースでは、口を開けた時に周囲に矯正中だとすぐ気づかれてしまいます。

定期的にチェックを受ける

歯科矯正を行う際は、マウスピースを使うことが多いです。
マウスピースを装着することで、少しずつ曲がっている歯並びを修正できます。
定期的に歯医者に行って、正しく矯正されているか確認します。
それも二か月に一回ほどのペースで良いので、忙しい人でもしっかり継続できるでしょう。
必ず、歯並びの状態を定期的に見てもらってください。
もし変な方向に歯が曲がっていた場合は、すぐに修正しなければさらに変な歯並びになってしまいます。

食事をする時は、マウスピースを装着していると食べにくいと感じるかもしれませんね。
マウスピースの種類や歯並びの状態によって、食事の時だけマウスピースを外しても良いと医師から言われることがあります。
食事の心配がある人は、事前に医師に相談しておきましょう。
マウスピースを外したら、装着し直すことを絶対に忘れないでください。
また固い食べ物を噛むと、歯に負担を与えてうまく矯正できない可能性があります。
矯正中は、食べるものにも注意してください。

口を開けた時に、マウスピースが周囲から見えることをはずかしく感じる人も見られます。
その人は、透明なマウスピースを使ってください。
昔は銀色のマウスピースを使うことが多かったと言われますが、今は透明のものが出ています。
銀色のマウスピースに比べて目立たないので、周囲の目を気にすることはありません。
子供の歯を矯正することも可能なので、子供が気にしているようだったら矯正できると伝えましょう。

おすすめリンク

渋谷でお得に全身脱毛をするには?

全身脱毛で今年はツルツル!渋谷にあるクリニックではあなたに合ったいろんなプランが選べます!

堺市の歯医者でお口のトラブル解決

むし歯の治療以外のことでも口内トラブルに対応してくれる堺市の歯医者さんはこちら。

南青山で駐車場のある矯正歯科

車で通院することができる南青山の矯正歯科を探しました。駐車場があるのは便利ですよね。

子どもの歯列矯正ができる池袋の矯正歯科

子どもの歯列矯正には適した時期があります。池袋で矯正に定評のある矯正歯科を紹介します。

高円寺のおすすめ!高評価な歯医者さん

高円寺に住む人が断言する高円寺駅周辺で治療や予防でおすすめするならこの歯医者さんとは。